2008年07月23日

山形のだし・ねばねばがショップチャンネルに登場!!



山形のおっかさんの製品である「山形のだし」と「ねばねば」を使った

「山形のネバネバだし」がショップチャンネルさんにて紹介されましたicon12


山形のだし

▼ご注文はこちら
シャキッとろり!野菜の旨みが口いっぱいにじわ~っと広がる!

きゅうり・なす・みょうが・大葉を細かく刻んだ山形・母の味「山形のだし」は香味野菜たっぷり。



「山形のだし」は、山形の郷土料理として古くから食されています。

材料となる野菜・作り方・味付けなどは家庭によってさまざまで、

山形の母の味とされている料理です。


きゅうり、茄子などの夏野菜を中心に、みょうが、大葉、昆布などを

細かく刻んでまろやかな醤油味に仕上げました。

この「山形のだし」の人気のひみつは・・・


1.一度に何種類もの野菜が摂れる!
2.かけるだけですぐに食べれる!
3.ごはん、冷やっこ、そうめんなどメニューがたくさん!
4.野菜嫌いなお子様もごはんをおかわり~!
5.野菜の旨みとともに体に染み入る母の愛!



とにかくごはんの「おかわり~!」がとまりません。

さらに、「山形のだし」ひとつでメニューも豊富
こ~んなにいっぱい。

■山形のだしかけごはん
■山形のだしやっこ
■山形のだしそうめん
■山形のだしスパゲティー
■山形のだしイカそうめん
■山形のだしかけそば

さてさて、ここで皆さんに質問ですface02

Q.山形ではこの料理を「だし」と呼びますが、
 なぜ「だし」と呼ばれているのでしょうか?

A.答えはこちらですicon26


----------------------------------------------------------------------------------------

続いて・・・




▼ご注文はこちら
体にやさしいネバネバ食材が!

三陸産めかぶ・わかめ・長いも・オクラ・きゅうり入り。ねばねばパワーで健康元気



今、テレビや雑誌でも大注目のネバネバ食材

三陸産のめかぶ、わかめ、長いも、オクラ、きゅうりをたっぷり使って

薄醤油味の新感覚あさ漬に仕上げました。


ツルツルッとした食感で、どんどんお箸が進みます。

ごはんや冷やっこにはもちろん、おそばにかければ薬味いらず。

お酒のおつまみとしてもピッタリの逸品です。


■体が喜ぶ「ねばねばパワー

長いも、オクラのねばねば部分に含まれている「ムチン」は、
胃粘膜を保護する働きがあると言われています。
また、オクラやめかぶには「食物繊維」が含まれており、
便秘や大腸がんの予防のほか、血圧や血糖値の上昇を
抑制する作用が期待されています。


----------------------------------------------------------------------------------------

どちらも目がはなせない、新しいお漬物ですねface01

今回ショップチャンネルで紹介されました「山形のネバネバだし」という商品は、

この「山形のだし」と「ねばねば」を混ぜ合わせて作られたものです。


「山形のだし」「ねばねば」それぞれの味を楽しみながら、

お好みで混ぜ合わせて自分流「ネバネバだし」を作ってみてはいかがでしょうか?



同じカテゴリー(メディア大注目)の記事画像
宮川大輔さん、DAIGOさん日テレさんテレビ収録~♪
漬物王子見逃した方必見★ピヨ玉動画です!
漬物王子ピヨ卵出演まもなく♪山形の方テレビのご用意を!
山形ピヨ卵に出演決定!!★漬物王子&ヨッシー★
山形のだしが最高賞・農林水産大臣賞を受賞♪
山形のだしがNHKクローズアップ現代に出演!
同じカテゴリー(メディア大注目)の記事
 宮川大輔さん、DAIGOさん日テレさんテレビ収録~♪ (2010-08-20 15:54)
 漬物王子見逃した方必見★ピヨ玉動画です! (2010-02-25 18:09)
 漬物王子ピヨ卵出演まもなく♪山形の方テレビのご用意を! (2010-02-24 16:50)
 山形ピヨ卵に出演決定!!★漬物王子&ヨッシー★ (2010-02-23 13:18)
 山形のだしが最高賞・農林水産大臣賞を受賞♪ (2010-02-13 17:40)
 山形のだしがNHKクローズアップ現代に出演! (2010-01-23 14:26)

この記事へのコメント
照会(みと・あかつかカンファレンス)



学術秘書
池田です。

「ムチン」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。

※参考
[1]デジタル大辞泉:
ムチン(mucin)
動物の上皮細胞・粘膜・唾液腺などが産生する粘性物質の総称。糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%B3-140618
[2] 丑田公規「クラゲの有効活用の限界とムチンの化学」『化学と教育』Vol. 65 (2017) No. 5 p. 228-231:
ムチンという化学物質については,一般人のみならず専門家の間にも誤った情報や呼称が広がっている。そこで,一般の化学教育に携わっている方に正確な情報をていねいにお伝えするため本稿を執筆することにした。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/65/5/65_228/_pdf#page=3

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927
Posted by 池田剛士 at 2017年11月11日 15:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。