2009年03月31日

管理人山口さんやってくれました・・・

◆管理人山口さんやってくれました・・・
──────────────────────

こんばんはmoon山形のおっかさんのヨッシーです(^^)ノノ

皆さん、皆さん、「んだ」のトップページ見ました?!

「おくりびとのロケ地をめぐる旅」見ちゃいました?!





今朝見てびっくりしました・・・

管理人山口さん・・・

やってくれました・・・



▼こちらからどうぞ



私の許可なく、(いつか使うとは言われましたが・・・)

写真選びにも声がかからず、(せめてコレ使いますよとか・・・)

今日出るとは知らず、(明日から出ますよとかひと言ねぇ・・・)



朝から、『ブログ見たよ~icon23』の嵐。

大変恥ずかしい思いでいっぱいです。。。ハイ。。。



でも「おくりびと」がこのブログポータルを通じて、

さらに全国の皆さんに知っていただけるというのは、

大変うれしいことですicon06

ということで、今回は山口さんを許すとしましょう。







  


Posted by ヨッシー at 19:58Comments(1)おくりびと

2009年03月23日

おくりびとロケ地めぐり#NKエージェント事務所編

◆おくりびとロケ地めぐり#NKエージェント事務所編──────────────────────

こんにちはicon01山形のおっかさんのヨッシーです(^^)ノノ




先週の18日の夜のこと。「おくりびと全部借りられてなかったーicon11

私の母親がぼやいておりました(笑)

18日から「おくりびと」のDVDレンタルが開始されましたが、

開店と同時になくなってしまったようです!「おくりびと」人気さすがです。


ということで・・・

今日も「おくりびとロケ地シーリーズ」をお送りして参ります♪icon12


主人公演じる・本木さんが地元山形に帰り、

目にとまった求人「NKエージェント事務所」の面接へ。

その場所が酒田市日和山の旧割烹小幡です。




▼NKエージェントの社屋として使われました




ちょっと本木さんの真似をしてみたくなったので、

写真と同じようにのぞきこんでみました!!







せーの、ハイッ!!※やっぱりつなぎです(笑)










ちゃんと撮れてます~??もう1回??










ハイッ!今、今、撮って~!!










これでどう??うまく取れた??





ずらずらとすみません・・・(笑)1枚でいいのに・・・(笑)

おもしろい具合に4コマ漫画になっていたので4枚載せてみました(^^)




▼3枚目に撮れた吉永と本木さんを比べました




えっ!!

結構よく撮れてません!?ものまね大成功~♪♪




皆さんも立ち寄りました際には、

ぜひこのポーズで記念撮影をどうぞcameraicon12






  


Posted by ヨッシー at 13:46Comments(3)おくりびと

2009年03月19日

おくりびとロケ地めぐり#中通り商店街編

◆おくりびとロケ地めぐり#中通り商店街編──────────────────

こんにちは。山形のおっかさんのヨッシーです(^^)ノicon06

今回も引き続き、おくりびとロケ地めぐり情報をお届けしますcameraicon12

さて今日は・・・

あのブロガーさんもエキストラで出ていると噂のあのシーンicon13



▼酒田市中通り商店街ディスプレイ前にて




主人公を演じる本木さんが同級生に会うシーンに使われています。

ここでもまたまた学生時代を思い出しました(^^)o0○

×年前、私は酒田の高校に通っていたので、

この辺よく歩いたなー楽しかったなー若かったなー・・・笑


▼これが除雪のシーンで使われたものですね。



本当に人がいるように見えてビックリ!!

夜は本当に驚くとか∑(>д<)


▼もちろん近くの仏壇やのさとうさんにも行ってきました♪



あの、○0o「おくりびと線香」o0○ ばっちりおさめました!

また、かじおやじさん、仏壇屋のおばちゃんさんに

大変親切に丁寧におくりびとロケ地コースを教えていただきました♪

ありがとうございましたm(_ _)m また、お邪魔いたしますicon12


よし!!それでは次のロケ地へ行ってみよー☆


  


Posted by ヨッシー at 10:23Comments(2)おくりびと

2009年03月17日

おくりびとロケ地めぐり#余目駅編

◆おくりびとロケ地めぐり#余目駅編──────────────────

みなさん、こんにちはicon01

最近、エヘン虫にのどをやられている、ヨッシーですmushi

天気がころころ変わって体調をくずしやすいので、

皆さんも気をつけてくださいね。


さてさて今日は・・・

オスカー賞を受賞後、今最も話題の映画「おくりびと」。

この舞台となった庄内のロケ地を、私がご紹介していきたいと思いますicon12



まずは我が町(ヨッシー出身地)、庄内町から行ってみましょー♪



▼余目(あまるめ)駅




まずは余目駅。駅に入ると右手には案内が貼ってあります。




なになに~「当駅4番ホームでロケが行われました」

よし、GO!GO!4番ホーム~♪


▼入場料は140円



入場券を買って中に入りましょう。

あぁ~なつかしいぃ~icon18

学生時代は余目駅からよく電車に乗っていたなぁ。


▼そんなことを思い出しながら4番ホームへ。



広末涼子さんが電車を待つシーンは、ここで撮影されたとのこと。


悲しげな表情で電車を待っているシーン
▼広末涼子さんになりきってみよう(笑) ※つなぎで失礼いたします。




私・・・なんか拝んでます(笑)

寒くて、手が冷たくて、息を「はぁ~」・・・っていうイメージだったんですが(^^;


やっぱり広末涼子さんにはなりきれませんでした(笑)

  


Posted by ヨッシー at 18:28Comments(2)おくりびと

2009年03月14日

アンデスメロン種まきスタート

◆アンデスメロン種まきスタート
──────────────────

こんにちは。山形のおっかさんのヨッシーです(^^)

さて、いよいよ春がキター!!といいたいところですが・・・

山形ではまだまだ寒い日が続き、暴風警報も出ている様。

もう少し春が見えるまでが時間がかかるようですね。


さて今日は、毎年毎年「お中元やお贈り物に喜ばれている」

************************
庄内砂丘産アンデスメロン
************************

の種まきがついにスタートしていますよ豆

▼種まきをしてから5日経過のかわいい芽



種まきはこのセル状のトレイに種をまくのです。


そして、これが・・・


▼トレイから鉢に移したもの。ポット上げ



種まきから約2週間ほどたちました。

かなり大きくなってきていますね(^^)

この苗は、これから約1ヶ月半程鉢の中で育てられます。





生長が楽しみにですね~♪あぁ~メロンが食べたい!!


  


Posted by ヨッシー at 18:16Comments(4)アンデスメロン編

2009年03月13日

伝統農法栽培「焼畑あつみかぶ」を知ろう!

◆伝統農法栽培「焼畑あつみかぶ」を知ろう!
──────────────────

こんにちは。山形のおっかさんの吉永です(^^)

今日は「焼畑あつみかぶ」とは一体どのようなものなのか、

ぜひ皆さんに知ってもらいたいと思います!!

--------------------------------

kinoko焼畑あつみかぶってどんな野菜

--------------------------------

山形県温海(あつみ)地区伝統の農法で栽培した「焼畑あつみかぶ」。

今では後を継ぐ方が減少し、希少野菜のひとつとなっているものです。

「焼畑」とは、読んで字のごとく「畑を焼く」こと。

とても急な斜面に生い茂った草木に火を放ち、

燃えた灰が栄養土となってあつみかぶをおいしく育てます。


「焼畑あつみかぶ」は表面がとっても鮮やかな赤紫色をしています。

しかし中を割ってみると真っ白。

程よい辛みと、カリカリとした食感が特徴の野菜です。





--------------------------------------

kinoko五十嵐さん夫妻が伝承する希少「焼畑農法」

--------------------------------------

真夏の暑く無風の日。山の急斜面を焼くのに適しています。

山の草木を焼くことで病害虫が一掃され、焼けた灰が栄養土となります。

火をつけ燃え終わった後、まだ煙が出ている灰の中に種をまきます。

まばらにならないよう、まんべんなく種をまいていきます。

過疎化や高齢化が進み、今焼畑によるあつみかぶの栽培は、

ほとんど高齢者の方が行っているのです。

山形のおっかさんの契約生産者の五十嵐さん夫妻も、なんと74歳!

とってもお元気なんですよ(^^)

立つのがやっとの急斜面での焼畑作業は、一歩誤れば転げ落ちる、

危険と隣り合わせの重労働。焼畑栽培にこだわり続けている

五十嵐さん夫妻は、そんな伝統農法を長年守り続けています。


「採れたかぶを20kg背負って斜面を降りるのは体にこたえます。

でもこの時が一年で一番楽しみな季節です」


と五十嵐さん夫妻。にこやかな笑顔の中に、

焼畑あつみかぶ職人としての顔が、そこにありました。


--------------------------------

kinoko素材の味をそのままに、昔ながらの甘酢漬

--------------------------------

山形のおっかさんでは、希少野菜「焼畑あつみかぶ」が持つ程よい甘さと、

辛味を生かし、昔から食べられている甘酢漬に仕上げました。

醸造酢を入れることで濃紫色(ポリフェノールの一種)のかぶは、

美しいピンク色に染まっていきます。

焼畑独特の素材の旨みを生かした、自然色豊かなお漬物です。


--------------------------------

kinoko徳川将軍への献上品

--------------------------------

言い伝えによると、焼畑あつみかぶは江戸時代に

藩主や徳川将軍に献上されていたとのこと。

その頃のあつみかぶの代価はかぶ30個に対して、

なんと米四升と言われていたそうです。

いかに珍重されていたかが分かりますね。




「焼畑あつみかぶ」のこと。

少しでも分かっていただけましたでしょうか?(^^)

長い年月と苦労をかけて、今日まで受け継がれてきた伝統。

私たちはこの伝統を絶やすことなく、次の世代へ継承しなければ

ならないと強く感じたところです。

五十嵐さん。今年もお手伝いさせていただきますね(^ー^)ノ





  


Posted by ヨッシー at 22:08Comments(0)焼畑あつみかぶ編